image

NEWEST /   

ジダン頭突きの理由


(略)
 それはユニホームを引っ張られた時から始まった。ジダンは慎重に言葉を選び、こう続けた。
「僕は(マテラッツィに)シャツを引っ張るのをやめてくれと言った。もし欲しければ、試合が終わってから交換しようってね。すると彼は、とてもひどい言葉を返してきた。繰り返して、何度も。言葉は時に暴力より打撃を与えることがある。顔を殴られる方がましだ。いずれにせよ、時間の問題だった。彼の言葉は僕の心の奥底を傷つけたんだ」
 ジダンが傷ついたのは、明らかに家族のことで何か言われたからだ。だがジダンは、マテラッツィが投げた暴言の内容を語ることは拒んだ。
とても個人的なことだった。僕の母と姉に関することだ。1度でも耳にすると、その場を立ち去りたくなる。僕も実際、その場を離れようとしていたんだ。だが、同じことを2度、3度聞かされると……
(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060713-00000001-spnavi-spo
【ローマ=藤原善晴】サッカーのワールドカップ(W杯)決勝でフランスのジダンが退場になった問題で、13日付の伊紙「コリエーレ・デラ・セラ」は、頭突きをされたイタリアのマテラッツィが、ジダンの姉を侮辱したことを事実上認めた、と報じた。

 同紙に対し、マテラッツィは、宗教、政治、人種やジダンの母親に絡む侮辱はなかったと主張。「姉が残るが」との問いに、「消去法でいけばそうなる」と答えた。

 マテラッツィは、侮辱の具体的内容は明かしていないが、12日付伊紙「レプブリカ」は、「おまえの姉をよこせ」と言ったとの説を紹介している。

 また地元スポーツ紙に、「彼のシャツを数秒間つかんでいたら、『シャツがほしけりゃ、(試合の)後でやるよ』と偉そうに言ったので、侮辱の言葉で応じた」と語った、とも話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060713-00000514-yom-spo

こんなことがあったみたいです。自分の悪口や悪態つかれるのは我慢できても、大切な人のことを言われたら我慢できない、ってのはすごくわかります。上記の記事が真実ならマテラッツィの行為こそが悪質ですね。

(続きに1つ目の記事の全文転載)

続き▽


記事の評価

この記事の評価をお願いします(★1つ=悪い、★5つ=良い)
 この記事の平均評価: 未評価 (0人)


| 日常 | comments (0) | trackback (0) |


NEWEST / PAGE TOP /   

<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

一年前の今日の記事

去年の記事はありません

My ピックアップ記事

みっくみく!
 →愛犬みく(ヨーキー)の写真集
石川県まとめ
 →観光,温泉...石川県のススメ
千葉県での免許更新
 →運転免許センターへの行き方
携帯用着メロの作成方法
 →着メロを自作しよう!
無料アンチウィルスavast!
 →煩わしい有料更新から解放!
プロジェクタの選び方
 →いつか買いたいプロジェクタ
リマインダーメール
 →未来の自分、友人にメール送信
マイ記念日
 →あなたの記念日をメールで通知
Gmail+独自ドメイン設定方法
 →1000円/年でドメインメール

カテゴリ

よく読まれてる記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

リンク

feedFeedなど

SEARCH

Amazon

Disk Info